「千葉県養神館合気道連盟」について

千葉県における養神館合気道の普及活動は、平成元年に、合気道養神館 浦安同好会 (現:浦安支部)が発足し、合気道養神館本部道場より安藤毎夫先生を招聘したのが始まりです。 その後、船橋市、松戸市、木更津市等で公共体育施設を利用した同好会が発足しました。

連盟設立総会 平成11年3月に県内初の合気道専用道場が浦安市に開設されたことで、会員と指導者 が増加し、各地域での要望に応えて、野田市、市原市、佐倉市等でも団体が立ち上がり、 平成14年5月に「千葉県養神館合気道連盟」が結成されました。

連盟設立総会 その後活動は県内に収まらず、東京、埼玉、大阪、岡山、福岡、沖縄等と 全国規模となったため全国規模の組織として、平成29年5月に「龍全 国合気道連盟」と名称を変更いたしました。その後、千葉県内の各団体 がまとまり、親睦を深め、
交流を図りながら発展していくために、平成30年2月に「千葉県養神館合気道連盟」が再 度結成されました。今後当連盟は、青少年の健全育成と生涯武道としての合気道の普及を 通して、地域社会に広く貢献 してゆくことを目指します。主な活動としては、定期総会・合同 審査会・講習会・錬成合宿等があります。

「養神館合気道」について

連盟設立総会 養神館合気道は、合気道開祖・植芝盛平翁の高弟であった塩田剛三先生によって創始され、 警視庁機動隊員や婦人警察官の訓練にも取り入れられ、治安の維持に役立っています。技術体 系がわかりやすく整理され、大人数にも指導することが出来る教育システムが確立されており、 近年では毎年大規模な少年向けの大会が開かれる等、大人だけでなく子供にも普及が着実に 進んでおります。また、各々の体力に合わせて取り組むことが出来るため、女性やシニアでも 安心して取り組むことが出来ます。日本だけでなく、世界的にも愛好者の輪が広がりつつあります。

八千代市 加盟団体

四街道市 加盟団体