千葉県養神館合気道連盟について

千葉県における養神館合気道の普及活動は、平成元年に、合気道養神館 浦安同好会(現:浦安支部)が発足し、養神館本部道場より安藤毎夫先生を招聘したのが始まりです。その後、船橋市、松戸市、木更津市等で公共体育施設を利用した同好会が発足しました。平成11年3月に常設の専用道場が浦安市に開設されたことで、養神館合気道の愛好者と指導者が徐々に増加し、県内各地での要望に応えて、多くの団体が立ち上がりました。その後、千葉県内の各団体がまとまり、親睦を深め、交流を図りながら発展していくために、平成14年5月に「千葉県養神館合気道連盟」が結成されました。その活動は県内に収まらず、東京、埼玉、大阪、岡山、福岡、沖縄等と全国規模となったため、平成29年5月に「龍全国合気道連盟」と名称を変更いたしました。その後千葉県内の各団体同士で連携を深め、活動を活発化させてゆくために、平成30年2月に「千葉県養神館合気道連盟」が再度結成されました。今後当連盟は、青少年の健全育成と生涯武道としての合気道の普及を通して、地域社会に広く貢献 してゆくことを目指します。